今回のオーダー。1インチのハンドルにPOSH製22ミリハンドル用のインナースロットルKITを使用して加工し、名古屋グリップを使う。

今回は諸事情により完成手前までのご紹介。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

もろもろの計測後ジャストの部分でハンドルをカット。(左)

通常1インチ用のマッチしたKITを使えばそのまま軽い圧入でハンドルにインナースリーブが入るのですが、今回はミリ用なのでガタガタです。さっきカットしたパイプでインローを用意。(右)

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

ひずみを考慮しながら溶接。(左)

アウタースリーブを通すとこんな感じ。ミリ用のアウターは外径が1インチなのでハンドルとシームレスになります。(右)

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

スロットルワイヤー用の穴。なるべくワイヤーを見えないようにライザーを通過させます。(左)

このあとワイヤーの長さの調整をして取り付け。(右)

一応これでインナースロットル加工終了です。後日、これに触発された別のお客さまから同じ方法でのインナースロットル加工の依頼をいただきました。次回その車両の紹介で完成形をアップします。